インプラントImplant

インプラントとは

インプラントとは失った歯にチタン製のネジのようなものを歯ぐきに埋め込み、今までの天然歯と同じように機能回復する治療です。

今までのブリッジや入れ歯であれば咬む能力が落ちたり、装着時の違和感があったのですが、インプラントは骨にしっかり結合するので欠損補綴の治療としてはとても有効な治療とされています。

 

インプラントの対費用効果と従来方法との比較

インプラント治療は自費診療のため、保険診療と比べどうしても費用がかかります。
しかし機能性が非常に高いため、長い人生でずっと必要となる「食事」の快適さを損なわないという義歯やブリッジにはない強いメリットがあります。

入れ歯でももちろん、長く使えている方はいらっしゃいます。
しかし下記のような問題を抱え、快適な食生活とは言いがたい状態になっている方が多いのが現状です。

  • 土手(顎堤)に当たって痛い・土手が押されて沈下し、食べ物が入るようになった
  • 入れ歯の歯がすり減ってよく物をすりつぶせない
  • 入れ歯が割れてしまった
  • 金具が折れてしまった
  • 金具がかかっている歯(維持歯)が動揺し始め、入れ歯に力が入らなくなった
  • 維持歯がむし歯になり、かぶせ直ししたため、金具が合わなくなった
  • 入れ歯に汚れがこびり付いて取れない
  • 入れ歯が臭う 等

良好に使用されている方でも、長年のうちに自覚の無いままむし歯や歯周病に犯されているケースがかなりあります。
そして入れ歯では、前述したように顎提が押されて沈下するのと、人工歯が摩滅するのとで、完全には食べ物をすりつぶせなくなります。

そうなると噛む力が落ち、結局残っている歯に頼った噛み方になってしまいます。

こうして、二重の過重負担(入れ歯を支えている負担と、偏った噛む力の負担)を強いられた残っている歯は、負担に耐えきれず抜歯・喪失ということになってしまいます。つまり、従来の方法では残存歯に負担を求める設計になっているのと、清掃が行き届きにくい環境になるのが問題です。

 

長期的に見た場合のメリット

欠損した歯をインプラントで補うことはかなりの有用性があります。

加齢とともに治療に費やされるであろう費用と時間から解放されることで、
中年期〜老後に渡って食生活の質を保ってくれるインプラントは、 身体の免疫機能を維持することにもつながります。
三大疾患の一つである”がん”予防にも貢献するものと考えられます。

メンタルケアという面でも、衣食住と言われるほどに重要な「食」を快適なものにしてくれるのは非常によい影響を与えます。
トータルで考えると掛けた費用以上の効果や快適さ、通院によって消費される時間の軽減が期待できます。

もちろん、最低限のメンテナンスを怠ってはなりませんが、それはご自身の歯であっても一緒です。
インプラントは止むに止まれぬ事情で歯を失った人たちへの強い味方となるでしょう。

マウスピース矯正
審美歯科   インプラント   診療案内
ページ
最上部
TOP
PAGE