マウスピース矯正Orthodontic with mouthpiece

マウスピース矯正とは

マウスピース矯正とは、従来の矯正器具の代わりにマウスピースを使用して矯正治療を行う手法のことです。
その中でも、当院は「iGOシステム」と呼ばれる矯正治療を行っております。

「iGOシステム」は最新の矯正システムです

マウスピース矯正自体は近年普及も進みつつあり、お聞きしたことがある方もいらっしゃるかもしれません。
当院ではその中でも最新の手法である「iGOシステム」を取り入れ、より精密でスマートな矯正治療を行うことが可能になっております。

マウスピース矯正のメリット

従来の矯正器具での治療と比較して、マウスピース矯正にはこのようなメリットがあります。

取り外し可能
従来の器具は取り外しができず、また、不意に外れてしまった場合は歯科医師による再装着が必要でした。
一方マウスピース矯正では、必要な場合にご自身で一時的に外すことが可能です。
もちろん、マウスピースですので装着もご自身で行うことができます。
これにより歯磨きの手間や難しさが大幅に改善されました。
目立ちにくい
これまでの器具は金属製のものがほとんどで、どうしても人前に出ると目立つことは避けられませんでした。
しかし、マウスピースは透明なものを使用するためあまり目立たないのが特徴です。
そして前述の通り一時的に外すことも可能なため、例えば冠婚葬祭等の特別な行事にも柔軟な対応ができます。
通院間隔が長めです
通院間隔は4〜6週間に1回程度です。
緊急対応の必要も少なく、ご多忙な方でも十分に治療を行っていただけます。

治療の流れ

1:症例評価
まず最初に、iGOシステムで治療できるか判断いたします。
初診時にドクターが患者様の口腔内写真をアップロードし、主訴の難易度を確認します。
2:口腔内スキャン(印象)の採得
専門の技術者が治療計画をまとめるために、ドクターがデジタルスキャンまたは歯牙の印象を採得します。
3:3D治療計画の作成
最新のソフトウェアを活用し、治療計画を作成します。
この治療計画を用い、予測される歯牙の最終位置やおおよその治療期間を確認できます。
4:マウスピースの作成
データを元に矯正用のマウスピースが作られます。
5:治療の開始
出来上がったマウスピースを患者様にお渡しします。
毎日このマウスピースを装着していただき、およそ1週間ごとに新しいマウスピースに交換することで治療を進めていきます。
6:経過確認
個人差はございますが、おおよそ4〜6週間ごとに通院していただき、治療の経過を確認します。
7:治療終了
治療終了後は、歯の後戻りが発生する場合があります。
それを防ぐため、状態によっては歯の位置が安定するまでリテーナーと呼ばれる保定装置をお使いいただきます。
マウスピース矯正
審美歯科   インプラント   診療案内
ページ
最上部
TOP
PAGE