診療案内Treatmment

診療科目について

一般歯科

喜多見のさくら歯科医院では、8020運動に沿った、長くご自身の歯を残せる歯科治療を推進しております。

※8020(ハチマルニイマル)運動とは?

1989年(平成元年)より厚生省(当時)と日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。
20本以上の歯があれば、食生活にほぼ満足することができると言われています。

そのため、「生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」との願いを込めてこの運動が始まりました。
虫歯や歯周病(歯槽膿漏)でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

予防歯科

虫歯や歯周病になってから治療、ではなく悪くなる前に予防することが重要です。
ほとんどの方が、「痛みがひどくなってきた」「歯がグラグラしてきた」といったように、悪くなってから受診されます。

歯は一度状態が悪くなってしまうと、治療に長く時間がかかり、何度も通っていただかなくてはなりません。
虫歯や歯周病にならないように定期的に歯科検診を受け、ご自分の歯の状態をきちんと把握し、正しいブラッシングをして予防していきましょう。

小児歯科

お子様の歯を正しくケアすることで、将来の歯や永久歯を守りましょう!
「子供の歯はいずれ永久歯に生え変わるから、むし歯のまま放っておいても大丈夫」なんて思っていませんか?子供のむし歯は、子供の将来の生活に大きく影響します。

乳歯は、永久歯に比べてやわらかく、虫歯になりやすいものです。また、生えてきたばかり永久歯は、虫歯になりやすく進行もとても早いので、子どもの虫歯には注意が必要です。  

特に食生活や歯みがきなど、小さな子どもの虫歯は、保護者の管理が大変重要です。
正しい知識をもって最適なケアを行ない、 子どもの虫歯を作らないようにしましょう。

審美歯科/ホワイトニング

審美歯科とは、見た目を美しく健康な歯や歯茎にしていくことを目的とした治療です。
虫歯になってしまい、詰め物や被せ物を装着しなくてはならない場合、場所によっては金属は非常に目立ってしまいます。
きちんと治療した後は、より自然で美しい質感の白い歯をご提供いたします。

>審美歯科について詳しくはこちら

 

口腔外科/インプラント

歯以外にお口についてお困りのことはありませんか?
顎骨の中に埋まっている親知らずの抜歯、口の中のできものの切除術、外傷による歯や顎の異常、顎関節症などのお悩みの方は、お気軽にご相談ください。
また、事故による外傷、虫歯や歯周病などで歯を失ってしまった場合にはインプラントという治療方法があります。

>インプラントについて、詳しくはこちら

義歯/入れ歯

合わない入れ歯でガマンしていませんか?
合わない入れ歯のまま放置すると、口腔内にキズができて痛みが出てくるだけではなく、全身の不調へとつながります。少しでも入れ歯の不調を感じたら、なるべく早めに受診することをお勧めします。

喜多見のさくら歯科医院では、新たに入れ歯を作られる方はもちろん、他院で入れ歯を作られた患者様にも調整を行いきちんとフィットする適切な入れ歯をご提供します。
保険で作製できる入れ歯から、違和感が少ない金属床の入れ歯、目立たない入れ歯など患者さんの症状に合わせてご希望に沿った治療をいたします。

ノンクラスプデンチャー
入れ歯に金属のバネが ある・ない の違いだけで口元の見た目は大きく変わります。
金属のバネがない入れ歯「ノンクラスプデンチャー」は快適で自然な美しさのある入れ歯です。
自然な美しさ
従来の部分入れ歯にみられる金属のバネがありません。
大きく口を開けても入れ歯だとわからないほど自然で美しい口元で、他人の目を気にすることなく入れ歯をご使用いただけます。
快適なつけ心地
入れ歯自体が薄くて軽い仕上がりなので、口の中がすっきり感じられます。
入れ歯のつけ心地が良く違和感も少ないので食事や会話も気持ちよく楽しめます。
歯にもやさしい
残っている歯に金属のバネで固定する従来の部分入れ歯と違い、金属バネのない入れ歯「ノンクラスプデンチャー」は、残っている歯に負担をかけずにしっかりと入れ歯を固定できます。
しっかりと噛めて、残っている歯の健康も維持します。
マウスピース矯正
審美歯科   インプラント   診療案内
ページ
最上部
TOP
PAGE